高森顕徹先生との出会い

浄土真宗親鸞会 会員のページ

「石川で爆発的に真実が拡大」

 

石川県金沢市 矢田部治氏(仮名)

 昭和32年、富山県高岡市に建立された、前田会館が、今日の親鸞会館の原点である。その当時から今日まで、高森顕徹先生とともに歩んできた矢田部治氏に、聞いてみた。

 昭和8年、矢田部氏は、東京に生まれた。「死んで護国の鬼となれ」と教育され、小学校で射撃や手榴弾の投げ方、切腹の作法まで学んだ。近所の人も、赤紙(召集令状)で、次々と出征し、戦地に斃れていく。空襲で、いつ爆弾が降って来るかも知れない。「死んだらどうなるか」真剣に、考えずにおれなかった。地獄極楽は、本当にあるのか。友人と激論したが、答えは見つからない。
 やがて、「寺で聞いたら、わかるかもしれない」と思い当たり、東京では数少ない浄土真宗寺院を訪ねたが、「学校の勉強を一生懸命しなさい」と追い返される。

 11歳で、金沢市に転勤した父とともに、石川へ。浄土真宗の説教の盛んだった金沢でも、寺をたずね、教えをこうたが、何十カ寺回っても、答えは聞けなかった。
 やがて敗戦。年配者に混じって聞くすがたに、よく「キミは、戦災孤児なのか」と聞かれたそうだ。中学、高校の頃は、「どこかの寺の跡継ぎかね」とも思われていた。
 しかし、布教使は、適当な世間話で、お茶を濁すか、「ツルの足は切るのじゃないぞ、カメの足は足すのじゃないぞ。案ずるな、煩うな、心配するな、そのままのお助けじゃぞよ」という、要の抜けた節談説教ばかり。
 高校卒業後、大手保険会社に就職、社会人になってからも、真実を求め続けた。

真宗聖典と黒板を使われてのご説法

 昭和28年、20歳のとき、近所のおばあさんが、金沢市森本に、若い布教使の先生が来ておられるよ。あんたも若いし、いっぺん、聞いてみまっし(聞いてみなさい)」とすすめてくださった。
 高森顕徹先生との、これが出会いだった。高森先生は24歳、教誨服姿で、『真宗聖典』を手に、黒板を駆使してお話しされた。
 始まる前にすでに、

「心常念悪
 口常言悪
 身常行悪
 曽無一善」(釈尊)

と黒板に書いておられ、ご法話で説明をされた。
「悪しかできない私たちは、死ねばとりかえしのつかぬ一大事を抱えている」
 理路整然としたお話に、
「この方は違う」
と感じ、それまで同じ布教使の話は2度と聞こうとしなかった矢田部氏だが、それからは高森顕徹先生一筋に、聞かせていただくようになった。



>>次へ 控え室で高森顕徹先生と一対一

親鸞会と高森顕徹先生|昭和黎明期の記録 @2006- 親鸞会 会員